My Bikes 紹介 Vol.02 EDDY MERCKX emx-1

台風も去り、久々に晴れです。
西日本では甚大な被害が出ており犠牲者も出ているようです。今年は地震に台風に天災が多い年です。自然の驚異をあらためて痛感します。

さて、My Bike紹介します。2回目は、EDDY MERCKX emx-1です。
ロードでメインに使用しているフルカーボンモデルです。

カテゴリ:ロード
ブランド :EDDY MERCKX
車種   :emx-1
カラー  :ホワイト/グリーン(限定ver.)
サイズ :460

201109060917000

メインコンポ   :シマノ アルテグラ(6700) クランク:FC-6650G(旧アルテグラSL)
ギア        :F:50-34t R:12-25t
ホイール(手組) :ハブ:シマノ600、リム:AMBROSIO Balance
タイヤ       :VREDESTEIN FIAMMANTE Duo comp
ハンドル・ステム:Deda RHM 01、Deda Zero 1
サドル      :san marco concor light
ペダル      :シマノ PD-A600
総重量      : 8.4kg
総走行距離   : 800km前後

EMX-1に決めたのは単純で選手時代のEDDY MERCKXに憧れてというミーハーな理由です。メルクスは喫煙者でありながらツール・ド・フランスジロ・デ・イタリアをそれぞれ5回ずつ、ブエルタ・ア・エスパーニャを1回制覇しており、ツール・ド・フランス通算ステージ34勝、単年ステージ8勝、マイヨ・ジョーヌ着用日数96日はいずれもツール・ド・フランスにおける最高記録を保持している伝説のサイクリストです。その記録の裏には機材に対する異常なまでのこだわりを持ち、スポンサー以外のフレームを自費製作し、使用していた逸話も残っています。また、日本に入っているベルギーブランドのロードは少なく、「誰も乗っていない」という自転車のりなら一度は陥る思考に乗ってしまいました。実際、イベントやレースで見かけることは稀で、今まで2,3台しか見たことがありません。

乗り味のインプレとしては・・・カーボンエントリーグレードということもあり、いわゆる「軽さ」はあまり感じられません。ですがヘッド、BB周りの剛性、フォークはストレート仕様ですので剛性感、安定感はバツグンです。また、「ベルギーの石畳を走破する」というコンセプトで開発されており、カーボン自体もレース用フレームほど「硬く」なく、テールが安定しているため、ロングライド向きフレームといえます。ホイールを手組の練習用に換装していますので完全平地仕様です。カラーリングは限定モデルグリーンレッドというクリスマスカラーです(笑)

現在はキャノンデール CAAD10を購入したのでemx-1は中古で販売予定です。
定価ベースで40万前後ですので20万あたりで出そうかと思います。
ご希望の方は必ず事前連絡の上ショップにてご確認ください。
→申し訳ありませんが、やっぱりもう少し乗ろうかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中