メンテナンス講座 vol.01 チューブ交換

スポーツバイクを買ったけど日頃のメンテナンスはどこまでやればいいの?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。infinityはそういった疑問や不安に少しでもお役立てできるようご紹介したいと考えています。

【パンク修理】
今回はパンク修理(チューブ交換)についてです。自転車で一番多いトラブルが「パンク」です。一人で走っていて急なパンク。街中ならともかく、山道や町外れでは自転車屋さんが無いため、助けを呼ぶか自分で直すしかありません。また、数人のツーリングでも仲間内で一人でもできる方がいれば安心ですし、覚えておいて損は無いと思います。
最低限のツールで走行時の心配も解消できます。今回はクリンチャータイヤ(チューブ入タイプ)のパンク修理の方法をご紹介します。ちなみに「チューブ交換」と表記したのは出先でのパンク時にはパンク穴を張ったりせず、チューブ交換してしまうことがほとんどだからです。

【交換手順】
【必要ツール】
・タイヤレバー(2本or3本)
・ポンプ ※携帯ポンプ
・交換用チューブ

①チューブに入っている空気を全て抜きます。パンクしている場合も完全に抜ききります。

②バルブ付近にタイヤレバーを差し込んでタイヤの片側をリムから外します。
タイヤを外した状態でタイヤレバーを差し入れたまま固定します。
(タイヤレバーをスポークに引っ掛けられる場合はスポークで固定する)
1本目のタイヤレバーから10~15cm位離れた箇所のタイヤを外します。

③同じ要領でタイヤの一周を片側のみリムから外していきます。
※タイヤレバーをスライドさせてタイヤを外すとリムやタイヤを傷めます。

④バルブと対角線側からチューブを取り出し、最後にバルブを引き抜きます。

⑤パンクの場合はタイヤの裏表に異物(ガラス、鉄片等)が刺さっていないか確認します。

※チューブの穴の位置から推測すると判り易いです。
※棘や鉄片等で手を怪我しないように慎重に行ってください。
※チュ-ブ内側に並んで穴が開いている場合スネークバイト(リム打ち)によるパンクです。

⑥交換するチューブに2割程度エアーを充填しておきます。(チューブのよじれ防止のため)

⑦バルブを慎重にリムにはめ、バルブを基点にチューブをタイヤに入れていく
※入れる際にチューブがねじれない様に。

バルブから半周づつタイヤをかぶせます。

⑧やはりバルブを基点にタイヤをリムにはめ込んでいきます。
※リムとタイヤの間にチュ-ブが噛み込まないように。

5割程度エアーを充填し、タイヤとリムの間にチューブがはみ出ていないか確認します。

(必ず1周両側を確認してください。)
※万が一チューブが噛みこんだ場合、エアー圧を上げた時点で轟音と共にバーストします。

8割程度までエアーを充填し、ホイールを回転させてリムとタイヤの際にあるビードラインが1周出ているか確認する。

※ビード出ていない場合、エアーを足して手のひらで押すと出ます。
※どうしても出ない場合、ビードに中性洗剤を薄めた液をつけるとビードの滑りがよくなり、出る場合があります。それでもだめならエア圧をかなり上げると「ペコン」と音がして出ます。
 
 ○ ビードが出ている状態  × ビードがリムに入り込んでいる状態

⑪エアーを適正値(タイヤ側面参照)まで入れて完成です。

文章にすると長々となりますが、慣れれば10分もかからず作業できるようになります。
ロングライドやツーリングに出かける前に練習しておけばパンクも怖くありません。
カップルなら良い所を見せるチャンスです^ ^(まあパンクしないのが一番ですが・・・)
ちなみに作業で必要になるツールの金額です。

・タイヤレバー      ¥500~
・ポンプ ※携帯ポンプ  ¥3,000~
・交換用チューブ     ¥700~


全て揃えても¥4,000前後です。お守りだと思って携帯すると安心です。
また、ツールを収納し、自転車に取付可能なサドルバッグもあるとさらに便利です。
ショップに常に在庫しています。解りづらかった箇所はご説明いたします。
お気軽にご来店ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中