一般車(ママチャリ・シティサイクル)のお話

新入学新入社のシーズンなので、INFINITYでも一般車(ママチャリ・シティサイクル)を購入される方が増えています。スポーツバイク愛好者でも通勤はママチャリを使用される方や、お子さんに通学車を検討される方も多いと思います。そこで、一般車を選ぶポイントをお話したいと思います。

ALBELT
通学の定番シティサイクル。軽快で多機能なタイプもあります。

NORUKOGU
婦人車。俗にいうママチャリ。最近は「銀チャリ」として学生にも人気が高い。

おそらく、ホームセンター等で安く購入すればいいんじゃないの?と考える方が多いと思います。価格も¥10,000前後で購入できるし、就学期間(3年間)持てばいいとの発想もあります。

・・・が、ちょっと待って下さい。

本当に安価な自転車でいいのでしょうか?
よく、「ホームセンターに並んでいる自転車とメーカー車は何が違うの」と質問されますが、全く違います。とりあえず、「3年」の期間で見てみましょう。

■使用しているフレームパーツの素材
ホームセンター等で売られている¥10,000前後の自転車(以下安チャリ)は錆びやすく、パーツ等も壊れやすいです。一番顕著に出るのが「タイヤ」です。ゴムが薄く、非常にパンクしやすい。また、経年劣化も早いので通勤・通学で110km乗ったら1年持たないでしょう。

■修理・メンテナンス面
まず3年間ノーメンテで乗れる自転車はありません。注油したり、消耗パーツ(虫ゴム・ブレーキゴム)は定期的な交換が必要です。が、安チャリはありえないところが壊れたり、修理に非常にお金がかかるケースがあります。また、購入元のホームセンター等では直せなかったり、時間・お金がかかる場合もあり、「安心」とは程遠いのが実情です。

つまりは、言葉は悪いですが、「安かろう、悪かろう」という結論です。
¥10,000で購入した自転車を¥5,000かけて直す方は少ないし、「また新しいの買えばいいや」となります。それでいいんじゃないでしょうか。その程度の自転車ですから。

安チャリ購入する場合は、割りきって使いましょう。大量消費の時代で、「壊れたら新しいものを買う」という風潮ですが、「壊れた自転車」はゴミとして出るわけですから「エコ」の時代に相反する結果となってますが。

・・・と安チャリをボロクソ書いた所で断然、メーカー車をおすすめします。
【良い物】を【長く】使った方がエコですし、経済的かと思います。何より、乗り心地も良いです。また、「良い状態」で乗れる期間が長く、手入れメンテナンス次第では非常に長持ちします。安チャリを購入する前に1度ご検討くださいm(__)m

INFINITYではBSブリヂストン)を取り扱っております。基本的にお取り寄せとなりますが、メーカー在庫があれば2-4営業日にて納車可能です。お気軽にご相談下さい。

情報提供 : 長野 自転車 CYCLE INFINITY – サイクルインフィニティ –

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中