トレイルライド + MAVIC Crossmax ST インプレ

急に思い立って、かなり前にインストールした MAVIC Crossmax STのシェイクダウンを兼ねて久々にトレイルへ行って来ました。

130605Trail01
天候は晴れ。「から梅雨」の影響で完全なドライコンディションにてランディング出来ました^^b

・・・が、ホームトレイルにもかかわらず、新規ルート開拓しようとして迷いました^^;
ガーミン(GPS)を装着しなかったため、頼りはスマホのGPS機能のみ。当然山の中まで地図情報はなく方角のみで四苦八苦しました(汗
後で走ったルートを調べてとんでもないところを走っていたことが判明。事前準備は大切です^^;

130605Trail02
試乗したダブルトラックトレイル?まぁ作業道みたいなところです。

今回使用したホイールがこちら ↓
crossmaxST
MAVIC Crossmax ST
重量 : 1,590g(ペア重量)
税込価格¥99,750(前後ペア)

クロスカントリーに必要なすべての技術を結集したクロスマウンテン用ホイールセット

あらゆる性能に長けた万能モデル。クロスマックスSTは、軽量化により反応性を大幅に向上させます。もちろんさもちお、「本物」のマウンテンバイク用ホイールセットに欠かせない高い剛性をしっかり確保。クロスマウンテンなどの過酷な使用にも強靭な耐久性を発揮します。 安心して走行できます。

【ホイール以外仕様】
フレーム : GIANT ANTHEM X
Fフォーク : ROCK SHOX reveration140mm)
Fタイヤ  : KENDA NEVEGAL 2.35
Rタイヤ  : KENDA NEVEGAL 2.10(UST)

【インプレッション】
正直MTBホイールのインプレはタイヤやパーツ等で大幅に変わるので非常に難しいです。
上記仕様を前提としてのインプレです。※以前使用していたフルクラム RED METAL 3との比較もあり。

<ヒルクライム>
謳い文句にもある通り、「剛性」が非常に高いです。太めのタイヤを装着してもオンロードヒルクライムも以前のホイールよりもスイスイ登っていきます。剛性軽さを兼ね備え、オンロードヒルクライムにおいては他MTBホイールと比較してもほぼ無敵ではないでしょうか。
回転については新品のせいかややフリーが固めの回転を見せましたが、気になるほどではない印象。→ミネラルオイル再充填により解消

<ダウンヒル>
こちらもやはり「剛性」の恩恵をかなり受けます。軽量なのにかっちりとした走破性を体感でき、「ブレ」が殆どありません。(若干タイヤの影響もあるか?)
ドロップポイントもガシガシ進んでいけるので安心感があります。

【総括】
メーカーコンセプトとしてはクロスカントリー用としてリリースしているクロスマックスSTですが、トレイルライトダウンヒルであれば十分使用出来る万能ホイールと言えます。(まぁこの価格グレードのホイールであればほとんど不満はありませんが・・・)
以前のRED METAL 3と比較しても剛性が上がっているので走り方も変えながら徐々に慣らして行きたいですね。

ショップに常時展示していますのでご興味のある方はご来店下さいm(__)m

情報提供 : 長野 サイクルショップ CYCLE INFINITY – サイクルインフィニティ –

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中