腸脛靭帯炎解消!?グッズご紹介

INFI店長も悩んでおり、以前本ブログでも取り上げた腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)を解消・・・するかもしれないグッズのご紹介です。

まず、腸脛靭帯炎(別名ランナーズニー)とは何ぞやという方のために症状をご説明します。

【主な症状
ランニングペダリング時の膝関節の外側2~3センチ上の疼痛
・階段昇降時の膝痛
・膝関節の外側2~3センチ上の圧痛
・早い方で自転車20~30分程度のペダリングで発症

症状を見て「もしかしたら・・・」と思う方は1度病院で診察してもらうことをおすすめします。
INFI店長ランニングをすると必ずと言っていいぐらい発症するので病院をいくつか訪ねて見ましたが、帰ってくる回答は「とにかく無理をせず休む」これのみです。※
実際にINFI店長の場合、2~4日膝を休ませると直るのですが、これといった予防策解消法がないのが実情でした。
※腸脛靭帯炎に詳しい病院もあります。

そのままだましだまし膝を使っていましたが、最近になって何人かのお客さんから相談されたので改めて調べてみると次のような方が発症しやすいようです。

発症しやすい方】
長距離ランナーサイクリストなど膝の屈伸運動の多いスポーツをしている方
・上記のような運動をされている方でO脚(内半膝)の方
・足首が内半している方
・路面が傾斜している場所で練習しているランナー

今まで気づかなかったのですがINFI店長は正に2番めの[O脚]に当てはまりました。
ランニングペダリングの際に膝が内側を向くため、自然と[ひねり]が加わるようです。
そのため、衝撃や力が膝の外側にある腸脛靭帯にかかり炎症を起こす結果に。

O脚を治すのが一番いいのですが中々時間のかかる作業です。
そこで、今回オススメのグッズを使いサポートしてみようと思い購入しました!

それがこちら↓
SP0972
SHOCK DOCTOR SP0972ウルトラ2ロープロフィール)高機能モデル
【サイズ】
22.0cm-23.0cm
23.5cm-24.5cm
24.5cm-25.5cm
26.0cm-27.0cm
27.5cm-28.5cm
29.0cm-31.0cm
価格¥5,200+税

SP0972_02

SP0972_03

足裏の内側をサポートすることで膝への衝撃緩和ひねりを防止してくれます。
実際にランニングで使用してみましたが今までは翌日に必ず痛みが出ましたがショックドクターを付けてから痛みが出ません。さらにランニング時もサポートがあるお陰で膝はもちろん、脹脛や太腿への負担も軽減しているようです。

INFI店長がテストしたモデルは高機能タイプのため少々お高い(インソールとしては安いほうかも)ですが、お買い求めやすいエントリーモデルもあります。

SP0932
SHOCK DOCTOR SP0932ターフ)トレーニングモデル
価格¥2,600+税

SP0902
SHOCK DOCTOR SP0902トレーナーロープロフィール)エントリーモデル
価格¥1,600+税

上記2モデルはINFINITYにて常時在庫しております。
腸脛靭帯炎でお悩みの方は1度お試し下さい。

情報提供 : 長野 自転車 SHOCK DOCTOR スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中