My Bikes 紹介 Vol.90 クロモリロード

My Bikes 紹介です。
今回はかなりシブい!!30年以上前のクロモリロードです!

FK_cro01
カテゴリ : ロード
ブランド : FK(深谷産業 オリジナル)
フレーム : クロモリ
コンポ  : シマノ DURAACE 7400(2×6s)
ホイール : シマノ DURAACE ハブ 手組
総重量  : Na

30年以上前に現役レーサーとして活躍していた深谷産業オリジナルのクロモリフレームです。
マニア垂涎、当時のデュラエースをフルセットで組み上げた至玉の1台。
某自転車マンガの主人公が第一部で乗っていたバイクを彷彿とさせます^^

■ ドライブ
FK_cro02
コンポーネントは当時のハイエンドグレードオールデュラエース(7400)!
フロントチェーンリング51×42Tにリアスプロケ11×21Tのスパルタ仕様!(まぁ当時は標準仕様でしたが・・・)

■ コックピット
FK_cro03
ハンドルはピストタイプ。グリップは最新のfabric(ファブリック)のファイバーグリップをチョイス!
新旧コラボが良いですb
ブレーキレバーはデュラエースが付属していましたがレバーカバーが劣化しひどい状態だったのでレバー本体ごと交換しています。

■ オーバーホール
FK_cro04
今回オーバーホールで持ち込まれましたがフレームやコンポの状態は非常に良く、消耗パーツや回転部のオーバーホールで完了しました!レストアに近いかも・・・
※写真はクランクついていますが全て取り外しグリスアップ&オイルアップしています。

レーサーとして活躍したバイクも第一線をひいた後はツーリングバイクとして第二の人生を歩んでいきます・・・

ガレージなどに眠っているバイクがありましたらINFINITYにてオーバーホール・レストアしますのでお気軽にご相談下さいm(__)m

情報提供 : 長野 自転車 クロモリ スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

広告

My Bikes 紹介 Vol.88 cervélo P3

My Bikes 紹介です。
今回は本気の戦闘機バイクcervélo(サーベロ)P3です。

世界で最も栄誉を受けたトライアスロン/タイムトライアルバイクの進化系
P3_01
カテゴリ : ロード
ブランド : cervélo(サーベロ)
フレーム : P3
コンポ  : シマノ ULTEGRA Di2 6870(2×11s)
ホイール : FFWD F9R
総重量  : Na

Pシリーズの”3”グレードであるP3。上位モデルであるスーパーバイク=P5のエアロダイナミクスとライディングパフォーマンスを取り入れ、前世代P3よりも剛性にあふれ、高速を維持できる。一瞬であなたのベンチマークとなることだろう。
P3はよりシンプルな設計と製造方法を実現するために、P5のエアロゾーンから重要な形状設計を継承し、ミドルグレードとしては、最速かつもっとも汎用性の高いトライアスロン/タイムトライアルバイクに仕上がっている。サーヴェロが誇る広範囲なフィット・オプション、レース遠征時において容易なパッキング、使いやすい補給食などの携行品を収納できるストレージ。そしてSimply Faster、ただ速く走るためだけに優れた空力特性を提供する。

■ ドライブ
P3_02
メインコンポはシマノ アルテグラDi2。クランクにROTOR 3D+クランク(no Q-RINGS)とブレーキはMAGRAの油圧リムブレーキRT6を搭載。ブレーキがちょっと難あり※後述

■ コックピット
P3_03
ハンドルは3Tエアロバーを標準装備。
即TT、トライアスロンに参戦可能な仕様です。

全国各地、時には海外のトライアスロン大会へ参戦するS氏の決戦用バイク。
正直ノーマル仕様で十分レース参戦可能ですが、今回ホイールのアップグレード&ブレーキ調整のためにご来店いただきました。

ホイールをリムハイトアップ&軽量化のために標準MAVIC Cosmic→FFWD F9Rへアップグレード。問題はブレーキです・・・ここから半分愚痴かも。読みたくない方は飛ばして下さい。

■ RT6 メンテナンス編

持込当初、他ショップ(名誉のため未公表)お買い上げのバイクだったためメンテナンスは躊躇したのですが状態を見てあまりにひどいので修理を決意。

まず左ブレーキにエア噛みが見られる状態で確認するとブレーキレバーのブリードボルトからオイル漏れ。しかもボルトのネジ山を舐めてる。とんでもねーメンテを施されているな。「まぁボルト&フルード交換して終了だろう」と高を括っていたのですが・・・なんと受け側(レバー側)のネジ山も逝ってるじゃァねーか!!結局レバー本体ごと交換に。

まだ話は終わりません。
レバー交換終えていざテストすると今度はキャリパーの動きがイマイチ悪い。
エア抜きも何度も行い完璧なのに解消しないのでキャリパー本体を分解してオイル&グリスアップ。組み直してテストするもまだイマイチ・・・

webサイトで検索したら同じような症状を載せたブログがヒットしたが具体的な解決策なし。
(あるメンテショップが販売元ショップやメーカーと相当揉めたブログが出てきましたが・・・)
ブログではキャリパー上部にゴムバンドを巻くという方法が酷評されていました^^;

八方塞がりになり最終的にMAGRA代理店に確認したところ「残念ながら仕様です」と絶望的な回答。はぁ?ですよ。一定の可動域になると動きが著しく悪くなるらしい・・・まさにその状態なんだよ!先ほどのブログでボロクソ書かれていた「ゴムバンド解消法」もあながち間違いじゃないらしい・・・結局、なるべく「その可動域」にいかないようクリアランス等を調整してなんとか終了=3

持込からパーツ取寄せ、メーカーとのやり取り含め正味7日ほどかかりました=3

オーナー様にもご説明の上、納得頂きましたがメカニックとしては腑に落ちない点だらけです。
結論からするとMAGRA RTシリーズはクソ!
ブレーキ性能がどれだけ良いかわかりませんがメンテナンス性は最悪です。
工業製品故に個体差はあるかもしれませんがメーカーが匙を投げている商品を使用するリスクは高すぎます。

一応フォローするとMAGRAの製品全般ではなくあくまでRTシリーズのみです。
油圧ディスクブレーキは完成度も高く、性能も良いです。

さらにもう一つ、バイクを販売したショップへ。
自分のショップで面倒見切れないバイクを販売するんじゃァない!分不相応!

以上、長文、駄文失礼しました。
今後、当ショップ購入以外のバイクでMAGRA RTシリーズを持ち込みの方はご注意下さい。お断りする可能性が高いです・・・

情報提供 : 長野 自転車 cervélo スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

リアエンドの破損にご注意!!

最近何かと修理の持込頻度が多い「リアエンド破損」について書きます。

リアエンド破損とは・・・
end_b
落車や衝撃でリアディレーラー取付ハンガー※以下リアエンドが写真のように変形してしまうこと。
リアディレーラー自体が曲がっているように見えますが実際に変形しているのはハンガー(写真ブルーのパーツ)です。
そもそもリアエンドはフレームへのダメージを緩和するため壊れやすくできています。
(フレームビルダーによっては予備のエンドを付属している場合もあるくらい)

一番怖いのは変形に気づかずリアディレーラーをローギアにシフトチェンジしてしまうと・・・
想像したくありませんがリアホイールに巻き込んで大事故を引き起こします。
そうなるとリアディレーラー、ホイールはもちろん最悪フレーム破損にもつながりかねません。
(そもそもライダー自身も無事では済まないかも)

万が一右側に落車した際はリアエンドの変形を確認して下さい。
走行可能な場合でもロー側のギアは使用せず速やかにショップに持ち込んで下さい。

サンプル写真のケースはエンド修正という作業で直りましたが最悪の場合折れてしまうケースも多いです。INFINITYでは作業前に破損の可能性を説明してから作業を行います。
破損した場合はリアエンド交換となります。取り扱いブランドのみ取寄せ可能です。
パーツ代はメーカー、フレームによって違いますが大体¥3,000~¥7,000程度です。

バイクは右側に主要パーツが組付けられていますので落車の際はご注意を!

情報提供 : 長野 自転車 リアエンド スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

New オーバーホールのススメ

オフシーズン中のメンテナンスキャンペーンを実施していましたが多数のお持込ありがとうございましたm(__)mそこで今シーズンに行ったオーバーホールの報告です。
ちなみにサンプルバイク提供はINFINITYメンバーK村御大です。
※一部の写真は別バイクの画像を使用しています。

バイク
Befor
oh_before
一見キレイに手入れしてあるように見えますが・・・

ヘッド
Befor
head_b
ヘッドベアリングが付着。ひどい場合錆び付いていることもあります。
砂を取り除いてクリーニング&グリスアップして取付けます。
クリーニングできない場合はベアリング交換になります。※パーツ代別途

ブレーキ
Befor
Brake_b
ピポッドリンク部分にが噛み、駆動ローラー赤錆が浮いています。
キャリパーの動きがゴロゴロガリガリと言った感じです。

After
Brake_a
クリーニングオイルアップ
動きが格段にスムーズになりました。
取付ボルト新品に交換します。

ドライブ
クランク
Befor
crank_b
BB取付け付近に砂汚れ
チェーンリングも汚れたオイルが付着して固まっています。
チェーンの摩耗を早める原因に。

After
crank_a
チェーンリングを全て外してクリーニング
チェーンリングボルトグリスアップして固着防止。

フロントディレーラー
Befor
F_derailleur_b
あらゆる部分にが入り込んで動きが著しく悪くなっています。
最悪動かなくなるケースも・・・

After
F_derailleur_a
クリーニングオイルアップ
動きが格段にスムーズになりました。見た目もピカピカ

リアディレーラー
Befor
R_derailleur_b
汚れたオイルが付着して固まっているのが一目瞭然です。
やはりチェーンの摩耗を早める原因になります。

After
R_derailleur_a
プーリーを外して隅々までクリーニングオイルアップ
回転もスムーズになりました。スッキリ

リアスプロケット
Befor
sprocket_b
オイル汚れで見るも無残な姿に・・・

After
sprocket_a
スプロケを分解して1枚づつ丁寧に磨きます。
輝きがもどりピカピカに!

ホイール※サンプル画像はMAVICです。
フリーボディ
Befor
hub_b
フリーボディ内部のオイルが切れてカラカラな状態。
汚れも付着して回転に悪影響を与えています。

After
hub_a
フリーボディベアリングクリーニング
専用のMAVICミネラルオイルを充填して組付けます。
ラチェット音も静かになり回転がスムーズに!

リム
Befor
rim_b
ブレーキングで発生したアルミ屑とブレーキシューの削りカスが付着して黒ずんでいます。

After
rim_a
専用のリムーバーでリムを研磨
輝きがもどりました!

ワイヤー・ケーブル
Befor
ブレーキワイヤー
Brake_wire_b
コーティングが剥がれて錆びついています。

シフトワイヤー
shift_wire_old
近年では電動コンポの普及によりシフトワイヤーもフレーム内蔵タイプが増えたので気づきにくいですがレバー内のワイヤーにかなりの負担がかかっています。写真はレバー付近のワイヤーですが摩擦によってコーティングが剥がれているのがわかります。このまま使い続けると切れてレバー内に絡みつき大変な事態に・・・想像したくないです。

ワイヤー内蔵フレームの場合は見た目に問題なくても1シーズンごとの交換をオススメします。

バイク
After
最終的に組付けた画像です。
oh_After01
クリーニングされてシフトチェンジがスムーズに!
BB・チェーン新品に交換済みです。※パーツ代別途

oh_After02
チェーン・スプロケの摩擦音もほとんどしないくらいスムーズに動きます。
ほぼ新車の状態です。

いかがでしたでしょうか。
INFINITYではかなり丁寧にオーバーホールしていることがご理解いただけたと思います。
ウィンターキャンペーン期間は終了しましたがご自身の愛車に不安がある方はお気軽にご相談下さいm(__)m

情報提供 : 長野 自転車 オーバーホール スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

FULCRUM RACING ZERO 考察

本ブログでちょいちょいカンパ系パーツをディスっていますが今回はフルクラム RACING ZERO通称「レーゼロ」と言われるホイールを考察してみます。
※あくまでINFI店長の主観であり何千回と試行した結果ではありませんのであしからず。
※作業はすべてcampagnolo純正工具を使用しております。

RACING ZERO01
FULCRUM RACING ZERO 2WAY
2012-2015頃販売モデル
皆様ご存知のヒルクライム向けの軽量高剛性で定評のあるホイールセットです。
当ショップでも何セットも販売したこともある高性能価格も手頃なモデルです。

確かに走行性能や軽さは手放しで評価できるホイールですが・・・
メンテナンス性がクソでした。
具体的には経年によりスポーク・ニップル固着高確率で発生します。

スポーク・ニップルともにアルミ製のため固着しやすい素材ではありますがさらにロックタイ(緩み止剤)を塗布しているのでさらに拍車をかけています。

今回、オーバーホールにて持ち込まれたホイールですがハブクリーニングが終わりホイールバランス(振れ取り)を取ろうとした際、ニップルが回らない。
メーカーに確認したところ「ロックタイが固まっているので温めればいい」との回答。
早速かなり温めて再チャレンジするもびくともしない。
一応スポーク在庫を確認して1本犠牲にするつもりで回すと・・・↓
Racing0_c
予想通りスポークが捩じ切れましたorz
実は過去にも数回この手の事例があったので何度もメーカーに問い合わせていましたが「経年による固着は起きない」との回答でメーカーとしては頑なに認めていません。事例からweb検索すればかなりHitするのですが何ででしょう・・・

結果的に今回はフロントホイールは全スポーク&ニップル交換となりました。

持ち込まれたお客様は2年間(走行距離10,000kmほど)ノーメンテだったとのことですが特殊なケースでは無いと思います。本来は1年に一度程度メンテナンスが必要ですがレーゼロに関しては高性能ゆえに振れにくいためニップルを頻繁に回す機会がほぼ無いからです。

とは言え、どのホイールにかぎらず定期的なメンテナンスの必要性も重要ですので本ブログをお読みの方は今一度ご自身のホイールをお確かめ下さい。

フルクラムのホイールバランスを依頼される方はスポーク&ニップル交換も視野に入れご相談下さい。※持込はお断りする場合もあります。

交換用スポーク&ニップル
Racing0_c2
1箱に1本+1コ入っています。
A○azonもビックリの過剰包装^^;しかもパーツ代は結構高額です。
今回のモデルの場合@¥1,510+税程度かかりますのでお覚悟下さいm(__)m

情報提供 : 長野 自転車 FULCRUM スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

オーバーホールのススメ 2015

今年もメンテナンスシーズンがやって来ました。
ウィンターシーズンに欠かせない、バイクメンテナンスのご案内です。

オーバーホールのススメ
シーズン中に酷使した愛車オフシーズンに労ってあげましょう。バイク・パーツの「持ち」も良くなりますし、いざシーズンインの際にスタートダッシュがスムーズになります。
価格的ウィンターシーズンに行うとお得なのでオススメです。詳細は下記をご参照ください。
※写真はクリックで拡大します。

ヘッド周辺
【BEFORE】
head_before
head
が入り込んで回転が悪くなった状態。ブレーキ部分もが絡んでいます。
ヘッドベアリングは・・・一目瞭然です。

【AFTER】
head_after
外周の汚れを取り除き、内部も洗浄グリスアップ
ブレーキフォーク周辺もクリーニングしてピカピカに。

フロントドライブ周辺
【BEFORE】
BB_before
BB周辺が噛みこんで大変な状態。フロントディレーラー砂だらけ
※チェーンは外してあります。

【AFTER】
BB_after
BB内部洗浄。(状態によってタップ)BB・チェーンは交換※場合により
フロントディレーラは外してクリーニング。回転も良くなってスッキリ

リアドライブ周辺
【BEFORE】
hub_before
ハブ本体・スプロケットリアディレーラー油まみれでドロドロに…
当然、回転も鈍くなっています。ディレーラープーリーも・・・無残です。

【AFTER】
hub_after
ハブはフリーボディまで分解し、洗浄ミネラルオイルを注入。
ラチェット音が静かになり、飛躍的に回転アップMAVICホイールの場合
リアディレーラーはプーリーを分解し、泥・油を除去し、回転アップ
スプロケットも1枚づつ磨き上げてピカピカに^^b
※パーツが消耗している場合、交換になります。

ロード オーバーホール基本パック
シマノスラム(メカニカル仕様)¥25,000+税
シマノ(Di2仕様)¥22,000+税
カンパニョーロ(メカニカル仕様)¥28,000+税
カンパニョーロ(EPS仕様)¥24,000+税
基本パック内容
・シフトワイヤ交換 ※Di2 / EPSの場合交換なし
・ブレーキワイヤ交換
・BBオーバーホール※パーツ交換の場合、パーツ代別途
・ヘッドオーバーホール
・チェーン、スプロケット洗浄 ※パーツ交換の場合、パーツ代別途
・前後ホイール振取り
・バーテープ交換(パーツ代含む)※¥1,200(税抜)以上のバーテープは差額発生します。
・フレームクリーニング・ワックス仕上げ
・リム研磨
※ワイヤーカラーはお選びいただけます。

MTB オーバーホール基本パック
基本パック内容
シマノスラム(油圧ディスク仕様)¥27,000+税
シマノスラム(メカニカル仕様)¥25,000+税
・シフトワイヤ交換
・ブレーキフルード or ブレーキワイヤ交換
・BBオーバーホール※パーツ交換の場合、パーツ代別途
・ヘッドオーバーホール
・チェーン、スプロケット洗浄
・前後ホイール振取り
・グリップ交換(グリップ代含む)※¥1,400(税抜)以上のグリップは差額発生します。
・フレームクリーニング
・リム or ローター研磨

★オプションメニュー★
・前後ハブオーバーホール(シマノ、カンパ,フルクラム) +¥6,500(税抜)~
・Fサスペンションオーバーホール(ロックショックス,RST,SR SUNTUOR) + ¥6,500(税抜)~
・BBフェイシング + ¥2,500(税抜)~
・ヘッドフェイシング + ¥2,500(税抜)~
・その他タップたて 1箇所につき + ¥800(税抜)~
その他消耗品タイヤブレーキパッド等)はご相談ください。

2016/2/15までにお申し込みいただいた方は上記金額からさらに10%OFFにてお引き受け致します。

愛車のオーバーホールが必要なのかわからない方、その他のメンテナンスに関するご相談がある方は一度INFINITYまでお持ちください。
ご相談、見積は無料で行います。バイクブランドによってお断りする場合があります。
他店でお買い上げの自転車もお気軽にご相談ください。
また、「自分でやってみたい」という方はケミカル工具についてもご相談ください。

情報提供 : 長野 自転車 メンテナンス スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

完成車の組立について

今更ですがINFINITY完成車組立について書きます。

メーカー完成車はいわゆる「7部組み」と言われる状態で入荷してきます。
そこから各ショップにて組付け・調整して納車できるよう完成させます。

オーダーバイクに比べて販売台数も圧倒的に多い「完成車」の組立について一般的なブレーキやシフト調整以外INFINITYがこだわっている行程についてご紹介したいと思います。
なお、サンプル画像は2台のバイクにて撮影しております。

【ワイヤー・ケーブル類】
■ インナーケーブル
proper_03 proper_04
インナーケーブルに関してはシルテック(コーティング)ワイヤー以外は全てグリスアップします。
グリスは滑りの良い「テフロングリス」を使用。
※写真はわかりやすくするため多めになっています。

■ アウターケーブル
Befor
proper_01
入荷時点では若干長めにルーティングされています。
ヘッド周りのケーブルがかなり余っています。

After
proper_02
若干ポジション調整できる程度を残し適正な長さにカット。
最近はフレーム内蔵タイプが多いので結構手間がかかります^^;

【ヘッド】
Befor
proper_05-2
入荷時点ではグリスが入っていないことも多く、カラカラサビやヘッドパーツ破損の原因になることも・・・

After
proper_05-3
グリスアップ後。※粘性があり耐久性の高いデュラグリスを使用。
潤滑ヘッドパーツ保護に役立ちます。

【ホイール・スプロケット】
Befor
proper_06
入荷時点で付属しているリフレクターチェーンガード(スプロケット内側)等のプラスチックパーツは全て取り外します。

After
proper_06-2
見た目もスッキリしてスポーティなイメージに。
外して大丈夫?という心配な方にご説明・・・
ギアガードに関しては適正にシフト調整していればチェーン落下することはないので無用
リフレクターに関しても劣化破損してホイールに絡むため例外なく外します。(破損事例あり)

proper_07 proper_07-2
最後にスプロケットロックリングフリーボディ固着防止ためグリスアップして締め直します。
フリーボディ本体には薄くグリスを塗布しています。

proper_08
ホイールクイックリリースをグリスアップ。
必要があれば振れ取りを実施します。

【BB・クランク】
■ BB(ボトムブラケット)
proper_09
BBクランクを外してグリスアップ
ホローテックタイプの場合は締め直します。

■ クランクセット
proper_10
こちらも固着防止潤滑のためにアクスルクランクボルトグリスアップ

いかがでしょうか。以上の行程はハイグレードバイクのみならずエントリーグレードやクロスバイク全てに共通して行っております。当たり前の作業かもしれませんがINFINITYではプロパー商品である完成車丁寧に組み立てていますので安心してご購入いただけます。
大量販売店ではないショップならではの「強み」だと思います。

組立をキッチリしているため頻繁にメンテナンスで来店できないお客様でも納車後は快適な状態を保ってサイクルライフを楽しんでいただいております。
また、当ショップでご購入頂いたお客様へはアフターサービスとして調整無料サービス(※)を行っています。※内容により有料の場合あります。

INFINITYではプロパー(通常)ラインアップ商品は大幅なお値引きできない分、丁寧な組立アフターメンテナンスにてサービスさせていただいております。
購入後のサイクルライフを左右する重要ショップ選びの目安にしていただけたら幸いですm(__)m

情報提供 : 長野 自転車 スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –