My Bikes 紹介 Vol.63-2 cervélo S5 Di2+エアロバー

My Bikes 紹介です。

大きな進化を果たしたハイエンド エアロロードバイク
S5_Di2_01
カテゴリ : ロード
ブランド : cervélo
フレーム : S5
コンポ  : シマノ ULTEGRA 6800(2×11s)
ホイール : EASTON EC90 AERO
カラー  : マットブラック
総重量  : 7.8kg

システムシンキング=従来の常識を打ち破るスピード。
過去、ドイツの名高いTour Magazine誌はいままでのテストでS5 VWDを最速のエアロバイクと称した。だが、サーヴェロのエンジニアたちは全く新しいヴァージョンを誕生させた。それは、従来のS5のすべてのエアロ効果に、さらに進化した剛性快適性とを組み合わせたものだ。同時にピュアスピードで21.3ワットものパワーセーブを実現した。
新しいS5は旧モデルであるS5 VWDと比較すると、35%ものねじれ剛性アップを果たし、ボトムブラケットは6%剛性アップを実現している。その結果、ライディングフィールは格別に向上し、操作性、そして路面追従性がともに著しく改善され向上している。そして、従来より実績のあるステアリングジオメトリーに加え、より低いライディングポジションのためにショート・スタックを採用している。そして、将来性を考えたケーブル・マネージメントを加えることで、フレームは機械/電動、油圧式システムと完全な互換性をもつ。Di2内蔵バッテリーはダウンチューブに収納可能だ。
Bicycling Magazine 2015 Editor’s Awardを獲得するなど、全く隙が見当たらない究極のエアロロード、それがこの新しいS5なのだ。

■ Befor
S5_01

以前ご紹介したcervélo(サーベロ)S5のホイールをEASTON EC90 AERO に変更、コンポはDi2(ULTEGRA 6870)にアップグレードしエアロバーを装着しました。

■ コックピット
S5_Di2_02

S5_Di2_03
サーベロ純正のハンドルバーを通常のラウンド型に交換しエアロバーを取付けました。
よりトライアスロンバイクらしく生まれ変わりました!
Di2化することでコックピット周りのケーブルもスッキリ。エアロバー先端にもシフタースイッチを装備。

■ ドライブ
S5_Di2_04
クランクはROTORをそのまま流用。
バッテリーはダウンチューブ下部の専用マウントに収まっています。

ウルトラマラソンも完走し、バイクはトライアスロンをメインに活動する鉄人K氏メインバイクです。
はじめにホイールをアップグレードしたところ「どうせなら」とコンポ、ハンドルも入れ替えましたb
ウェイトアップも殆ど無くレーシーなフォルムになり戦闘態勢に入りました!

今後のさらなる活躍に期待です!!

情報提供 : 長野 自転車 cervelo スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

広告

My Bikes 紹介 Vol.47 RIDLEY FENIX Di2

My Bikes 紹介です。
今回は久々にDi2仕様ロード[RIDLEY FENIX]のご紹介です。

石畳のクラシックレースでもプロが認めた
ハイブリッドオールラウンドフレーム

FENIX_Di2_01
カテゴリ : ロード
ブランド : RIDLEY
フレーム : FENIX
コンポ  : シマノ ULTEGRA 6800 Di2(2×11s)
ホイール : FFWD F2A Limited Edition
総重量  : 7.92kg
石畳のクラシックレースでロット・ベリソルの選手達も使用するプロレベルハイブリットフレームです。名車として名高いDAMOCLESからのフィードバックによる「エッジチュービング」を採用し迫力のあるエクステリアは圧巻です。ダウンチューブはヘッドチューブ側の接合部を縦に、BB側の接合部は横へ変形させ接合部分を増やすことにより剛性を上げ、各部分にかかる力を推進力に変換します。ヘッドチューブには上側1-1/8、下側1-1/2インチの上下異径のヘッドパーツを採用しハンドリング性能を向上させ、さらには剛性強化によりブレーキングによるたわみも抑えることにより、高い制動力を実現しています。根元付近でベントされたフロントフォークはパヴェ等の荒れた路面でも振動を吸収しよりスムーズな走行を可能としています。ボリュームのあるヘッドチューブ、ダウンチューブ、トップチューブのフロントセクションに対し、リアセクションはHELIUMからのフィードバックによるシートステーを採用。中央部分を横方向に薄く扁平加工させることで振動吸収を向上させています。高剛性でありながら振動吸収性を見事に融合させたオールラウンドフレームです。

オーナーはINFINITYメンバーY氏
乗り心地重視のフレーム[FENIX]をベースにここまで軽量化
乗り心地の良さにDi2快適性を上乗せして申し分ない仕上がりです。

【コックピット】
FENIX_Di2_02
Di2/EPS対応フレームのためケーブル類は全て内装
そのため車体の右側は一切ケーブルがなくスッキリ

【ドライブ】
FENIX_Di2_03
BBはセラミックBBTNI)を採用。あまりの回転の良さにオーナーY氏Di2へのアップグレード以上に感動していました^^b
バッテリーダウンチューブ下部取付のためほとんど目立ちません。

【アンダーボディ(足回り)】
FENIX_Di2_04
ホイールは軽量アルミホイールFFWD F2Aを採用。
限定モデルデザインもフレームのレッドとマッチしていい感じです^^b

2015シーズンはFENIXにてヒルクライムやロングライドに挑戦!
車坂ヒルクライムも参戦します!お互いガンバりましょう!

情報提供 : 長野 自転車 RIDLEY スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

My Bikes 紹介 Vol.42 BMC SLR 01(2013モデル)

My Bikes 紹介です。
今回ご紹介のバイクはショップにご来店いただいた方なら1度は目にしたことがある「あの」BMC SLR01です^^;

2013SLR01_01
カテゴリ : ロード
ブランド : BMC
フレーム : SLR01(2013モデル)
コンポ  : シマノ DURA ACE Di2 9070(2×11s)
ホイール : MAVIC Ksyrium SLR
ハンドル / ステム:DEDA ZERO 100
カラー  : Team Red
総重量  : 6.5kg

諸事情で納車が伸びに伸びてしまったY氏レース用バイク。
シマノ最上位グレード DURA ACE Di2コンポにMAVIC Ksyrium SLRを搭載した妥協なしのヒルクライム仕様です。

【ドライブトレイン】
2013SLR01_02
Di2がリリースしたばかりの対応フレームだったためリアディレーラーへのケーブルルーティング設計が若干甘めなのはご愛嬌^^;

【コックピット】
2013SLR01_03
ハンドル・ステムも軽量パーツで構成。

性能はさておき、INFI店長は個人的に2013モデルの細身のデザインが好みかも。
フレーム性能は現行モデルのほうが上なのは言わずもがなですが・・・

思えばDi2リリース当初でデモ用として入荷したDURA ACEで組んだ1台でしたが、その後アルテグラDi2のリリースやcampagnolo(カンパニョーロ)のEPS対応など、爆発的に電動コンポが増えた印象です。
フレームも当初は電動専用メカニカルの2種類リリースしていましたが、最近は両モデル対応したコンバーチブルフレームが主流です。INFINITYでもかなりの台数を組み立てました。
過渡期にあったフレームやコンポの進化の歴史を感じさせる1台です。

電動コンポーネントをご検討の方はお気軽にご相談下さいm(__)m

情報提供 : 長野 自転車 BMC スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

My Bikes 紹介 Vol.21 Alex Moulton Di2仕様

以前にも紹介した Alex Moulton(アレックスモールトン)の究極チューンナップバージョンです!タイトル通りシマノの最新コンポ Di2を搭載しました!

Molton Di201
Alex Molton 年式不明
コンポ  : シマノ Ultegra Di2(6770)
ハンドル : NITTO RB-018(380mm)
ステム  : NITTO UI-85EX(70mm)

クラシックなフレームに最新式電動コンポを搭載した新旧コラボバイクとなりました^^

Molton Di203
ハンドルはフラットバーからブルホーンへ変更。

Molton Di202
さすがにケーブル内蔵はできないので出来る限りスッキリ見えるようにルーティング
モールトンの特徴である「分割」もケーブルを抜くことで可能に。
さらにモールトンのBBハンガー下部にはホール※が無く、ジャンクションパーツは「外装式」が使えないため、あえて「内装式」をシートチューブに設置。
※ワイヤーリード等を取り付ける穴

作業は若干大変な面もありましたが、大幅な加工はなくスッキリと収まりました^^b
ミニベロカスタムで今回のような最新コンポの取り付けやロードのチューンナップで余ったパーツの移設等もご相談下さい。

情報提供 : 長野 自転車 Moulton スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

ULTEGRA 6870 Di2 テストキット入荷!!

注目のシマノ 電動コンポ ULTEGRA 6870 Di2テストキットが入荷しました!

6870_01
①外装キット税別価格¥121,469
②内装キット税別価格¥121,743
③ビルトインキット税別価格¥121,016
※上記クランク・ブレーキキャリパー・BB(ボトムブラケット)は含まれません。
※取付フレームの形状等により構成・価格が変わる場合があります。

6870_026870_03
まず何よりメカニカル式に続き11s化されたことがポイントです。
よりギアの選択肢が増え、シフトも繋がりやすくスムーズに!さらにパーツ本体もコンパクトになり(旧6770比)、軽量化されました。

店頭デモ用に組む予定ですので組み上がり次第アップ致します!

予約も絶賛受付中です!
初回納期は11月末~
パーツ詳細、お見積り等もお気軽にご雑談下さいm(__)m

情報提供 : 長野 自転車 6870 Di2 スポーツサイクルショップ – CYCLE INFINITY –

Di2 ファームウェアアップデート

Di2 ファームウェアアップデートのご紹介です。
すでに出回っている情報なので今更ですが、
シマノのE-tube Projectにより、Di2のファームウェアの更新が可能です。

■対象コンポ
シマノDuraAce 9070Di2 / Ultegra 6770 Di2
※DuraAce 7970は対象外

■アップデート内容
・多段化対応※6770
・シフトチェンジのタイミング設定
・(将来的に6770の11s対応?)

実際にやってみました。
Di2_update01
SITレバーからPC接続ケーブルをつなぐ

Di2_update02
全体図
なんだか自転車というよりF1のピットインのようなイメージですね^^;
(PC周辺が雑然としているのは見逃して下さい・・・)

Di2_PClink01
こちらが「E-tube」メイン画面
ファームウェアの更新やカスタマイズを行えます。

Di2_PClink02
多段シフト」の設定画面
2段 / 3段 / 無制限の3パターンから選択出来ます。
シフトチェンジのタイミングも設定可能。

今回は6770のアップデート&多段化を実施しました。
注意点として、バッテリーホルダーのバージョンだけ違うので個別にアップデートが必要な点ぐらいですか。(INFI店長はコンポ全てにアップデートかけて失敗しました^^;すぐ直りましたが。)
※2013/4現在のバージョン

INFINITYにてお買い上げいただいたDi2コンポは全て無料でアップデート対応致します。
持込も作業工賃¥2,625(税込)にて対応致します。
お気軽にご相談下さい。

情報提供 : 長野 サイクルショップ CYCLE INFINITY – サイクルインフィニティ –

DURA ACE 9000 Di2 モニターキット入荷!

タイトル通りですが、DURA ACE 9000 Di2 モニターキットが入荷しました!

9000Di2
シマノ DURA ACE 9000 Di2 キット
税込価格¥333,578 ※構成により変動します。

テストライドキットとして先行して入荷しました。
組み上げ次第、アップします。

Di2キットの予約も絶賛受付中!3月入荷予定です。

情報提供 : 長野 サイクルショップ CYCLE INFINITY – サイクルインフィニティ –